« 石材の色調 | メイン | コーティングの話 »

よく有る石材のトラブル

随分長い間ブログを休んでしまいましたが、実はカメラを現場で盗難に遭ってしまいまして、新しいカメラに慣れて画像を取り入れて、ブログに掲載するまで2ヶ月以上もかかってしまいました。

所で、そんなことどうでもいいのですが、これからもどしどし石材のトラブルやメンテナンスの方法や対処の仕方、事前事後の様子や、その他色々とお伝えして行きたいと思っております。

今回は先ず「エフロ」の処理から。
エフロレッセンスは、石材の施工内部に水が含まれているか、もしくは水の流れる道があり、尚且つ、目地にピンホール状の穴が空いているか又はクラックがあれば、中のセメントやコンクリートを溶かして、アルカリ成分が出てくるものを言います。
そうなんです。あの鍾乳石と同じです。

福田邸・エフロ除去前.jpg 福田邸・エフロ除去後.jpg

この現場の場合は、目地に亀裂(クラック)がありますので、洗浄後に目地を入れてやらねば再度エフロが出てくると思われます。