« 2008年02月 | メイン | 2008年04月 »

2008年03月27日

ヤフーショッピングに洗剤販売の「gigiクリーンショップ」オープン!

ヤフーショッピングに洗剤販売ストア「gigiクリーンショップ」がオープンして、2年が経ちました。オリジナルブランド商品の「タイルマスターKG-1」、「ミカゲマスターAY-1800」をはじめ、「バスマスターA-1」、「フォーミュラG-510」、「ブライトパワーGPスーパー」など、業務用、プロ仕様の物から自然派エコ商品まですぐれもの揃いです。
単に販売するだけでなく、18年間の現場で培った「洗浄のノウハウ」を添えて、お客様に喜んでいただけるようなショップを目指して来ました。
お使い頂いたほとんどのユーザー様が喜んでいただいています。プロ仕様でありながら安全な商品を!と常に心がけていますので、是非ご愛顧のほどお願い致します。

ぜひ、一度ご訪問ください。  
   
                     ここをクリック!gigiクリーンショップ

2008年03月05日

石材のノンスリップ処理

最近は、床材に関して、どの様な素材でも滑って怪我をしたと言うクレームや訴訟問題になる事がしばしばあります。(やはり、高齢化なんでしょうか?)
ともあれ、訴訟問題になれば大変な現実が伴ってまいります。
今回は賢い経営者さんの事例ですが、会社の玄関アプローチがこのような状態で、雨が降れば
そりゃーもう、ツルツルで危ない危ない。

   GSC・バーナー前20%.jpg


普通でもこんなに光っているのですから、せっかく気品高い玄関にしたのですが、出入りのお客さんに「すってんころり」とでもなると大変ですから。


          GSC・バーナー後20%.jpg


石の場合のノンスリップは、
①薬品による防滑処理と、今回のように②バーナーによる防滑処理があります。
ただ単にズバッと全体バーナーを当てる事も方法ですが、せっかく気品高くして設計した玄関ですから
少しはその気高さを残すために、この様にデザイン処理をしました。
色々なデザイン(競馬場の馬の絵や市松模様・実績)での方法もありますのでご用命を頂ければ施工致します。

石材のしみ抜き

石材のメンテナンスにおいて、最も難易度の高い「しみ抜き」。
中でも、油系統に次いで難しいのがシリコンシール系統のシミです。
今回の現場は、シリコンシールを接着剤として使用して設置していた看板を撤去したところ、痕がご覧のようなシミとなっていました。
特に石が、バーナー仕上げでかなり染み込みやすい事や黒色の石である事も、難易度が
アップする原因となりました。

ユニバ・ひばり・シミ前15%.jpg


しみ抜き剤は3種類を駆使して、6時間後にやっと目途が立ち、最後洗浄剤で仕上げました。

ユニバ・ひばり・シミ途中15%.jpg


ともすると、最近は中国石が安いものもありますので、しみ抜き作業をするより、
張替えの方法が安価に収まる場合も有るかも知れません。
しかし、張り替えもデメリットは大きいようです。(埃が出る、音がする、石の色や材質などが合わない)
等と、問題は山積します。

ユニバ・ひばり・シミ後15%.jpg

しかし、しみ抜きは(音がしない、埃も出ない、色が合う、)と、良い事ばかりではないでしょうか。
しみの種類によって価格はまちまちですが、事前に見るなり調査して、ある程度判断も出来るんです。