最近のエントリー

« 2009年02月 | メイン | 2009年04月 »

2009年03月01日

セラミックタイルの汚れ

セラミックタイルは施工前の商品には保護膜の塗布を施していますが、施工前に剥離して施工します。
しかし、完全に剥離し切れていない商品も中にはあるわけです。
その商品を施工しますと、目地材を入れて拭き取る時に目地材がその保護剤に浸透して汚れを誘発してしまうと言った二次的な災害が発生します。
       舞鶴・スーパー1前.jpg

それが上記の写真です。
目地材ですから酸性の洗浄剤なら簡単に除去出来る訳ですが、セラミックタイルとか大理石とか御影石でも鏡面研磨であれば(大体殆んどの石材は)酸性の洗浄剤はダメなわけです。
そこで当社は特殊な洗浄剤を使用して除去洗浄ができますので、施工に着手できます。
                        舞鶴・スーパー1後.jpg

石材のメンテナンスは、石材の持つ性質を理解した上で対処しますので特殊と言われる部分があるのだと思っています。