メイン

2013年01月20日

御影石洗浄後のコーティング

店舗リフォーム後の床石を洗浄後コーティングをしたものです。

店舗は以前にどのような業種であったかにより、汚れ方が尋常でない場合が多いものです。
汚れが無い場合は少ないようで、何らかの関連汚れがあり、この汚れ方により、しみ抜きが必要な場合や、艶が無くなり研磨を余儀なくされてしまう場合など、様々なアクシデントがあるのもリフォーム時のメンテナンスの難しさです。

床石コーティング前6%.jpg


このたびは艶が無くなっていたものの、研磨を断念し、コーティングにて艶を戻し、尚且つ保護もできるという方法を取りました。(研磨は完璧に元(新設時)に戻りますが、費用がかさむため)

床石コーティング後6%.jpg

写真の様に何ら問題なく仕上がりました。

2010年05月05日

しみ抜き洗浄後のコーティング工事

大理石は、年月を経て変色して行くのが大半ですが、100%に近い確率でシミが除去出来る事は現在でもあまり知られておりません。
この事を専門としております当社にとりましては、染み抜きをして美しく出来たはずが、既に新しく張り替えてしまって、最近ではあまり市場に出ていない様な貴重な天然石だったのに!!!!。
誠に残念な事が多いのです。
shrビル前2.jpg
shrビル後2.jpg


ともあれ、このブログを見て頂いた皆様は、ぜひ記憶に留めて頂ければと願うものです。
染み抜き洗浄をして。
  ksrビル前1.jpg
                 shrビル後1.jpg


コーティングをした様子の写真です。
10年はビクともしない状態になりました。

2007年11月10日

光触媒コーティング

こんにちは。石材メンテの「トーア・ギギ」です。
今日は石材のメンテではなく、ビル外壁の光触媒コーティングです。
       光触媒コート作業・20%.jpg

某ビル外壁の、光触媒コーティングです。素材は「アルマイト合板」です。
当社のコーティングページの光触媒「酸化チタンコーティング」の欄をご参照下さい。
           光触媒コート作業後・25%.jpg


タイル面のテスト板をご覧下さい。6ヶ月もするとこの様な変化が見られます。

           光触媒テスト壁面.jpg

何年もすると汚れの度合いは歴然です。ビルを汚れない環境に!

2007年11月07日

撥水コーティング

こんにちは、石材メンテの「トーア・ギギ」です。

今日ご紹介するのは、オーナー様のご要望で、
新設の階段手摺部分の笠石が、思っていたより少し白っぽいので、しっとりとした色合いにして欲しいという事でしたので、写真のようにしっとりとした色合いになる撥水剤を塗布しました。
子供が遊びで上に乗って走るのではないか、そうすると滑って落ちても困るので、コーティングは出来ないという事で、今回のように撥水剤(浸透型)で落ち着きました。
ウエット撥水コート・20%.jpg


ウエット撥水コート後・20%.jpg


2007年10月17日

コーティングの話

今話題のコーティングと言えば「光触媒」ですが、簡単に言えば「酸化チタンの形成膜が、光で汚れを分解し雨の力でその汚れを洗い流す」と言うものでして、汚れないビルが出来る未来のコーティングと言えます。写真は、施工と未施工の6ヶ月後の対比写真です。

光触媒テスト壁面.jpg

ご覧頂いて、ご興味、ご関心がお有りでしたら何時でもご一報下さい。本施工の前に、テスト施工にも応じますのでお気軽にご用命下さい。

2007年07月21日

石材保護コーティング

施工後3年目の大理石(ポテチーノ)です。
良く歩行する所はさすがに艶が無くなって参りました。再度研磨するのも非常に大変な作業で、
価格もバカになりません。ちなみに研磨をするには(㎡@¥10,000以上)かかります。
しかも、研磨をしてもまた、3年経てばこのように艶が落ちますので、一段と割高感は拭えません。
今回はコーティングの施工を決断して頂きましたが、約3年たっても少し傷が行く程度で、また、
上からコートすればOKですし、何より良い事は、施工価格が研磨の約7割以下です。

施工前の艶の無い状態
N邸コート前jpg.jpg

続きを読む "石材保護コーティング" »

2007年07月07日

大理石・研磨とコーティング

しばらく休んでしまっていました。
言い訳ではないのですが、作業が同じような内容と言うこともありましたし、忙しいと言うこともありましたので、休んでしまった様です。ブログですので、これからは、皆様ともっとキャッチボールするべく、先ずは投げかける努力をします。ので、よろしくお願いいたします。

それでは。作業内容を!
大理石の研磨とコーティングは、当社にとりましては大変物件の多い商品です。
カウンター・テーブル・床・壁・浴槽笠石・浴槽周辺のタイル&石・浴室洗い場の棚、等等。
今回はキッチンの調理台とでも言いますか、パーティテーブルとでも言いますか、大変大きい
(1100×1700)の(大理石ポテチーノ)テーブルです。
約半年の使用で、コップや鍋の跡形や、キズが付き、艶も落ちて少し見苦しくなって参りました。
少しでも早めの対応と言うことで、研磨をした後、セラミックコートをし、汚れや傷から長期に護る方法を採用して頂きました。
写真で、光の当たっている所に丸い円の様なくすみがあるのがお分かりでしょうか。
吉村邸・研磨・コート前.jpg


キズやコップ痕などの艶落ちは、研磨をしなければコーティングだけでは対処できない場合もあります。

             吉村邸・研磨・コート後.jpg・.jpg

コーティングは、セラミックコーティングのページをご参照下さい。
その他、コーティングは場所、状況、石の材質により、その基材にあったコーティング剤が存在しますので、是非、お問い合わせ頂ければ幸いです。

2007年04月26日

石材のコーティング

リビングフロアー床石「ポテチーノ」のコーティング風景です。
細かい短い繊細なローラーで丁寧に塗りますので、仕上がりも、耐久性も抜群です。
日常のメンテナンスも手間いらずで、ドライモップでもウエットモップでも、さっ!と拭くだけです。

コーティング施工風景1.jpg

海の見える高級住居のリビングフロアーです。
ガラスに映る光沢の度合いは最高の仕上がり(絶品)です。

                 コーティング施工風景2.jpg