« 2010年11月 | メイン | 2011年01月 »

2010年12月16日

壁・大理石のメンテナンス

大理石としては最も汚れるのではないかという【トラバーチン】です。
本来の形で施工していますと、虫食い状態になって穴が空いているために、汚れが中の中まで奥までが汚れるからです。

トラバー・前8%.jpg

結論から言いますと、洗浄により大変美しくなるという事なのですが。
普段毎日見ていますと、あまり汚れに気が付かないのですが、リニューアルの工事等をしますと、周辺が美しくなりますので、その汚れに気が付くようです。
             トラバー・洗剤塗布8%.jpg
                          トラバー・高圧機8%.jpg

工事内容と施工順を写真に収めてみましたが、静止画像なのであまり臨場感が無く解り辛いと思うのですが、要領のみ理解願えれば幸いです。
      トラバー・後8%.jpg
①洗浄剤の塗布・1液と2液を使用 ②高圧洗浄機で穴の中まで ③完成(撥水剤塗布)

トラバー・洗剤塗布2・8%.jpg トラバー・後2・8%.jpg

2010年12月09日

一般的な墓石の洗浄

ごく一般的な墓石の洗浄です。
特に汚れていた物の洗浄でありましたので、久しぶりに掲載をしました。
墓石の場合は、汚れ方に対極制があります。
①これといった手入れをしていない墓石の汚れ方
②必要以上に水をかけたりを繰り返した墓石の汚れ方
といった2通りの状態です。

墓石8寸セット前8%.jpg

①の汚れ方は比較的汚れとしては取れやすい事がいえます。また、
②の汚れ方は非常に難題な事となります。洗浄業者泣かせです。
墓石の汚れ方は、一般的に排気ガスやホコリとそれに含まれた鉄分などが付着して、降った雨などで流されますが、流れきらずに残る場合が墓石表面に残り、またその汚れが染みこむといった事を繰り返し徐々に汚れとなっていくものなのです。

墓石8寸セット後8%.jpg

ですから、手入れの仕方としては、墓参時には墓石を「濡れ雑巾(固く絞ったもの)で拭き取ってやる」のが、最も正解に近い方法ではないかと確信しています。

皆様も心を込めて清掃に心がけて頂ければ如何でしょうか。
それには先ず綺麗に洗浄して頂ければ有り難いですね。(当社で是非どうぞ)

2010年12月01日

大理石の染み抜き洗浄及び撥水処理

店舗入口の床です。(大理石のタソスホワイト)と言う石を貼っています。
今回は店舗の改装に伴い、全面リニューアルの中、床の大理石だけ貼りかえる予定は無く、綺麗にメンテナンスをする事になりました。

クラブ・前10%.jpg

大理石ですから、柔らかい分たくさんの傷がいきますので、その傷に汚れが入り、シミとなってしまっていますので、通常の洗浄では汚れが取れません。
特殊な石材専用の洗浄剤を駆使して、染み抜きを含めた洗浄をします。

                  クラブ・後10%.jpg


洗浄をすれば当然ですが、石の保護をしてやらなければ為りません。
今回は、撥水剤を塗布し、石の保護に努めました。
ケミカルガードの詳しい内容は、また、ホームページ上でお問い合わせ下さい。