« 2012年01月 | メイン | 2012年03月 »

2012年02月27日

ライムストーンのしみ抜き洗浄

ライムストーンは吸水性の高い石です。
汚れはもちろんのこと、水や油など大変シミになりやすい、ある意味厄介な石といえます。
従いまして、洗浄の後は撥水剤などの保護剤の塗布が絶対に必須といえます。
この物件もまた、一部貼り替えの後撥水保護剤の施工が若干遅れたのが原因のようで、一度汚れてしまうと簡単には綺麗になりません。

ライムストーン・シミ洗浄前.jpg

今回は薬品により汚れを柔らかくし、高圧洗浄機にて洗い流すという方法をとりました。

               ライムストーン・シミ洗浄後.jpg

ライムストーンのしみ抜き洗浄

ライムストーンは非常に吸水性が高く、汚れも含めてすぐに吸収してしまいますので、保護用撥水剤の塗布が絶対条件のようです。今回のものは一部貼り替えの後に保護の時期がずれたものと思われます。
しかし、保護をしていたとしてもかなり汚れてしまうこの石は一見床材には適していないのではないかと疑うほどです。今回は高圧洗浄機も導入しました。
薬品で汚れをふやけさせたような状態にし、高圧機で洗い流すという方法です。
後には保護撥水剤を塗布し汚れの防止に役立たせます。