« 2010年09月 | メイン | 2010年11月 »

2010年10月26日

模造タイルのメンテナンス

模造タイル「テラゾー」のメンテナンスです。
テラゾーは年数が経過すると(ひび割れ・汚れ・艶落ち)等、様々な汚れやトラブルが発生します。
クラックや穴が空いたような状態になりますと、汚れが食い込み、研磨をしても摂れないのが現状です。そこで、浸み込んだ汚れを「しみ抜き工法」で摂り、その穴に「樹脂をつめて補修」
します。
テラゾー・前8%.jpg

写真のように見た目ではクラックや浸み込んだ汚れは殆んど解らなくなる状態です。
この上に研磨をし、コーティング等をしますと一段と綺麗になり、長持ちもします。

                     テラゾー・後8%.jpg
テラゾー刃研ぎ石等は、一時期大変多く施工されたものですが、見た目が今回のように薄汚くなりますと、殆んどは壊して新たなものを貼りかえるのですが、是非一度お考え直し、ご検討頂ければと思います。

2010年10月11日

御影石の油脂類のシミ

寿司、割烹店のカウンターです。
魚をさばいた時の職人さんの手脂が主に染み込んだものと見られます。
もちろん、お客様の手垢?なども原因のようです。
いずれにしても永年の蓄積です。
  店舗カウンター・シミ前.jpg

石のしみ抜きは、衣類のしみ抜きなどとは違い、吹き飛ばしたり吸い出したり、
といった事は出来ません。
2~3種の薬品をしみこませて、内部で化学反応をおこさせて、シミの原因を分解させる。
のですが、シミとなっている「色」を取り除けるかが焦点となります。
                       店舗カウンター・シミ後.jpg

簡単にいく場合もあれば、2日も3日も必要となる場合があり困難極まりない事も少なくありません。

2010年10月03日

汚垂れ石の美装

男子トイレの汚垂れ石は、写真の様な汚れになるのは当たり前のような光景です。
日常の清掃やメンテナンスをしっかりやっていましても、これは避けることは出来ません。
色々と工夫(前に垂らさない様に)をしていますが、駄目なようです。

店舗・男子トイレ汚垂れ石・前8%.jpg

石材メンテナンス専門業者にお任せ下さい。染み抜きをして(染み抜きをしていないと次の事を何度やっても同じです)撥水塗布をします。そして保護コーティングをしますと、見違える様に美しくなり、石を保護しますので、汚れが浸み込み難くなり、掃除が簡単です。

                      店舗・男子トイレ汚垂れ石・後8%.jpg