« 2009年05月 | メイン | 2009年07月 »

2009年06月23日

大理石(ライムストーン)のしみ抜き

大理石の種類も大変豊富であることは、一般的によく知られている所ですが、
それだけ豊富な大理石ですから、シミの発生も千差万別です。
原因もさることながら、そのシミの発生の仕方や、シミの色やシミの程度の違いも様々です。

今回は大雨が原因で店内に水が浸水してシミが発生しました。

芦屋店舗前10%.jpg

原因がはっきりしていますので、内部の構造(こうであろうと推測して)との因果関係でのシミ
となっている点を結論付けてシミ抜きに取り掛かりました。

芦屋店舗途中10%.jpg

シミは約半日で除去できました。
シミの再度の発生を予防する為に撥水剤(ハイドロサームP)を塗布し、完了しました。

芦屋店舗後10%.jpg


今回は、シミが発生して早く(約1週間強)に連絡を頂いている事に加えて、対応して頂いた
速さが功を奏した形となりました。やはりシミは早ければ早いほど除去が早くなります。
また、気持ちは解りますが、何だかんだと触り回して手こずるような事をして頂かない事も、
早くうまく取れる事にもなりますので、宜しくお願いしたいものです。

2009年06月16日

床石・油シミの除去

床御影石に燃料油(混合)を溢してしまいました。
ポタポタ・・・と、誠に残念です。

  床・油シミ前10%.jpg

こぼしてからは、出来るだけ早い対応が必要です。早ければ早いほうが染み抜きは効果があります。
どの様な油でも条件はほぼ同じと言ってもいいでしょう。

御影石に拘らず、大理石でも染み抜きは可能でありますし、人工大理石でもOKです。

                床・油シミ後10%.jpg

どの様な油であるかを的確にお知らせ頂く事が大切でしょう。
「何を溢したか解らない」けれど、とにかくシミを抜いてくれ!と言われるほどつらいものはありません。
それだけ時間が必要となり金銭的にも膨らんでしまうのが現状です。

お問い合わせお待ちしております。

2009年06月08日

サビしみ抜き・ペンキ付着除去

交通事故?が原因と言うのでしょうか。
車同士がぶつかった弾みで、車のボデーが玉垣に当って、
ボデーのペンキと鉄板のサビが付着しました。
少し時間が経った事もあり、サビが浸み込みましたものも除去しました。

某院・玉垣サビと傷10%角円.jpg

サビ除去洗浄。
 写真のアングルが少し遠くて見づらいですが、結果は完璧です。

          某院・玉垣サビと傷・途中10%角円.jpg


ペンキ除去洗浄。

                    某院・玉垣サビと傷・洗浄後10%角円.jpg

完了です。
 部分的にキレイになるのは仕方が無いですが。
                              某院・玉垣サビと傷・完成10%角円.jpg

塩酸・硝酸・フッ化水素などの「薬品の力で石の肌を荒らして、石をただ白くすると言う薬品」では有りませんので、仕上がりもナチュラルです。ご安心頂けます。